ロクロ天井(1,472m)


ロクロ天井(1,472m)

20181118

自主山行

メンバー:CLぐっさん、SLよっちゃん、ひーちゃん、すぎ、まーちゃん、福ちゃん、もっちゃん、まさ、はっしー、choco()

コースタイム:10:00阿木林道 ゲート→12:00分岐→12:30ロクロ天井→13:00分岐→14:30 阿木林道 ゲート

忘年会に合わせて企画された山行で、一般的にあまり知られていないロクロ天井という名の山に藪漕ぎルートで登った。

予定通り830分に忘年会の会場である雑木林窯小屋を出発。駐車場はないので林道ゲート手前で車を停めて準備開始。10時から登り始める。

しばらくは林道を道なりに歩いて、通常ルートでない北側の尾根の藪道を探す。取り付きに着き、まず道なき急登を登り尾根に出る。尾根からしばらくは少しトレースの付いたひざ下までの藪道を進んでいく。尾根沿いをずっと進んでいくと藪の高さが身長を超えるほどになり視界5m程の道となる。踏み跡も少ないため、道迷いに気をつけながら尾根上をひたすらに進んでいく。所々に急登があるが、整備されていない道のため、登りにくく慎重に進む。

12時に通常ルートとの分岐に着き、一安心。ここからはしっかりトレースの付いた道となる。30分程で山頂に到着。半径5mほど藪が刈られた展望0の狭い山頂である。メンバー10人が入るとまるで満員電車のようだ。休憩できるスペースはないためすぐに下山開始。

帰りは一般ルートを進んだが途中で道が崩壊しており、道を探すのに苦労した。整備されていない道を注意して降り、林道に出る。45分ほど林道を降りてゲートに到着。

通常ルートもあまり整備されておらず、藪漕ぎルートと変わらんないように感じた。藪漕ぎは初めてだったがちょっとした迷路のようで、注意して進めば楽しめることが分かった。これからもこういった山行を楽しんでいきたい。

コメントを残す