2011年8月6日 自主山行 白毛門沢 上越、谷川連峰の沢


*山行日:2011年8月6日(土)      天候:晴れ
*参加者:KEI(CL)、GIGI(SL)、ちえぞう、コマちゃん。

*所感
谷川岳へ突き上げる沢の数多くあるなか、初級者でも楽しめる東黒沢白毛門沢へ。
上越らしいナメとスラブが楽しめる。
入渓地点も白毛門登山口より東黒沢へ入るとすぐにハナゲノ滝の大ナメ、スラブが続きもっとも楽しめるところ。(キャニオニングで賑わうところ)
二股より白毛門沢へ入ると滝の連続となり大滝(タラタラのセン)、大ナメ滝、巨岩の釜、は絶景。(大滝の高巻はかなり厳しい)
次の二股で右股へ入りキスゲなど花咲く草付の沢筋(スラブ)を遊ぶ。
ジジ岩、ババ岩を見上げ右を巻き、詰めは乾いたスラブ帯から細い沢筋を詰める。
(これがキツイのなんのって急登かつ岩が滑る。)
最後の笹をかき分けヘロヘロになったころに白毛門岳(1720m)のピークにとび出た。
下山は白毛門の登山道を利用する。(要、約2時間30分)

=記:ちえぞう=

COMMENTS

コメントを残す