2012年2月11日12日 西穂高岳 独標 自主山行

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`fc2` not found]
LINEで送る

2012年2月11日12日

自主山行 西穂独標 (2701m)

メンバー
・独標チーム 藪山(cl) ハッチー もっちゃん ちぇんちゃん めりーさん
・西穂本峰チーム Kei(cl) こまちゃん ワルサワ

今年の北アルプス第1回目の山行 厳冬期の西穂。 わくわくしながら、気合を入れての出発です。

———————

2月11日(土) 晴れ

7:30
藪山車と長良川SAで集合。
昼には西穂山荘に着いて独標あたりまで下見に行こうと思ってました。
ところが北陸自動車道が事故&スキー客の大渋滞で全然進まないんで美濃ICで降り下道で走行。
やはり前夜発がよかったかな。
平湯までの国道が除雪はしてあるものの完全にアイスバーン状態。
僕の前を走ってた藪山車が平湯トンネル入り口でスピン。くるくる廻りながらトンネルに入って行き、奇跡的にどこにもぶつからず停車。南無阿弥陀仏。
見てるだけで寿命が縮まりました。

13:30
ようやく新穂高駐車場着 14:00ロープウェイ乗車
ロープウェイにのる時、ザックの目方を計られ、8kg以上のため1人+800円取られてしまった。
すばらしく快晴 西穂はもちろん 槍までも見渡せる
ワルサワさんと私の2人は下見をしたかったので、ロープウェイを降りてから小走りで山荘まで行き、アイゼンを装着し小屋を15:30に下見へ出発。

16:00
丸山着 天気がよく西穂、霞沢、焼岳、笠 の各方面がばっちり見える。気温がマイナス20度は超えており、耐風姿勢をとるまでも無いが相当風が強く顔面、目が痛い。
iPhoneで写真を撮りたかったので30秒ほど素手になったのだが、強烈な痛みとともに見る見る指が真っ白になって行き、中指が曲がらなくなった。恐ろしいー。
小屋付近は相当な積雪(2m以上)あったが、丸山以降の稜線上は風で雪はあまりついてない。ワカンは不要でアイゼン、ピッケルで行けそうだ。

16:20
小屋へ帰着。他のメンバーも山荘に到着。藪山CLが小屋横の斜面で雪上訓練の実施
他の山岳会も雪上訓練をしていた。少し遠いけど同志会の雪上訓練も西穂でもいいかも。
ちぇんちゃんのみ撮影のため丸山へ出発。私も付き合い、本日2回目の丸山へ。

18:00
小屋で美味しいの夕食をとり、部屋へ。
部屋は定員Max20名の個室に我々8名のみ。広々。
夕食後はまじめにロープワーク講習、ヨガ講習をし盛り上がり、21:00消灯、就寝

———————

2月12日(日) 吹雪→曇

本番の日。
予定では、西穂本峰チームは5時に出発、独標チームは7時を出発し、12時までにお互い小屋へ帰着の予定
本峰チームは4時に起きて準備をする。
天候は最悪。真っ暗な強風が吹き荒れ強い雪が降っており、全く視界が利かず数メール先しか見えない。雪は一晩で30cmは積もってる。
昨日のトレースもなし。
我々より少し前に西穂に向け出発した単独の人も15分くらいで引き上げてきた。ルートがわからずあわせて凍傷の危険が高いので今日は中止との事。
我々も真っ暗で視界もほとんど無い中5:30に出発。
どっちが山方面でどっちがガケ方面かも全然わからない。真っ暗な完全にホワイトアウト状態。
昨日の2回の丸山までの下見+GPSのおかげで、試行錯誤しながら何とか稜線上にでる。
相変わらず全く見えない。数メートル離れるとお互いのヘッデンの明かりも見えない。
風も相当強く耐風姿勢をとりながら少しづつ進む状態。

6:30
丸山到着。やや明るくなってきたものの風が強く、視界も無く相変わらずどっち方面が山かも見えない。
強風の中GPSと見比べてると、瞬間的に独標方面が見える時もある。
天候は回復傾向にあるのは間違いないのでもう少しがんばって進んで、様子も見たい衝動と戦いながらパーティーの状態を判断し下山
落ち込みながら小屋へ戻り、藪山さんへ報告
小屋から出発するパーティーもほとんど無い

8:30
独標チームも悪天のため出発を見合わせてたが天候が少し回復してきて、かぜは相当強いもの耐風姿勢をとるほどでもないため、独標チーム、西穂本峰チーム全員で独標に向け出発
丸山にて、行くか、帰るか検討をしたが、の視界は50m-100mほど利くようになってきたため、進むことにする。
私は丸山は昨日から4回目である(笑)
常に飛騨側(左側)からの強風が吹きあれ顔面が痛い。(顔面凍傷はみんな左側である)

10:15
雪庇や、雪の痩せ尾根、凍った岩場を乗り越え全員無事に独標着。
独標山頂は不思議と風が弱い。
時折、西穂方面も見える。行きたかったけど、じっと我慢。その時点の天気だったら、時間があれば行ける状態。悔しい。
写真を撮るが、暖めておいたカメラもあっという間にフリーズしてしまい、数枚しか撮れない。

10:30
下山開始。独標直下岩場のみ、念のためザイルを出し、全員プルージックで下降。悔しいことにどんどん天気がよくなってきてる。11:30には小屋帰着

12:30
小屋でゆっくりくつろぎながら昼食。
ちぇんちゃん はっちーさん、 メリーさんの顔面のゴーグルの下が軽い凍傷で黒くなってる。
面の皮が厚いせいか、やぶやまさんなんかは、何も防御してなかったのになんとも無い。
ゆっくりくつろいだ後、ロープウェイ山頂駅へ向け出発

13:20
ロープウェイ山頂駅着、下山 ロープウェイからあ昨日と同様、独標から西穂までの稜線が見え、遠くに槍も見える。
悔しさでいいっぱい。ロープウェイ乗り場近くの温泉により帰名。

渋滞にあい、22:00自宅着  皆様お疲れ様でしたーー  またリベンジしたるぞ! (Kei)

COMMENTS

    メリーさん

    厳しい、美しい世界でした。
    いつかてっぺんまで行けるかなあ。
    もっちゃん、行こうね~~(^0^)

    皆さん、ありがとうございましたv(^-^)v

    もっちゃん

    あの天候の中~みんな無事に独標まで行けて嬉しかった~!!
    CL,SLをはじめ、メンバーのみんなーありがとうございましたm(__)m

    でも、中でも一番ひやっとしたのは、やっぱり藪山号のスピンでしょうか(‘∀`)

    小屋でも夜は、ロープワーク講習会あり、ストレッチ講習ありで、
    ”なんて真面目な山岳会なんだろう”とみんなで感心し合っちゃいましたね!!

    本峰メンバー~また来年チャレンジしてください。
    私も数年後の目標にさせていただきます(#^.^#)

コメントを残す

CAPTCHA