2012年4月28日(土)~30日(月)春合宿 北アルプス 北穂高岳 東稜&前穂高岳 北尾根


みなさま、こんにちは。
春合宿 前半チーム(北穂高東稜、前穂高北尾根)無事やってきました。

今回は冬合宿(赤岳主稜)と同じく雪、岩のバリエーションです。
北尾根は同時期に7,8年前に八麻呂さんに連れてってもらい、だいたい覚えてるのですが北穂東稜は私も含め今回のメンバーではだれも行ったことが無くワクワク、ドキドキです。事前の天気予報もばっちり晴れマークです。

メンバー Kei(CL) ろっくん(SL) ひでさん かずやん キャプテン

(写真下に続く)

4/28(土) 晴れ

かずやん号にて、ひでさん宅(ひで+ろっくん)→Kei宅(Kei+キャプテン)経由で一路平湯へ
(5:30春日井発 8:30平湯着 9:30タクシーで上高地入り)

9:45 上高地発
横尾あたりまでは、ほとんど雪はありません。天気も最高です。
徳沢でおいしいアイスクリームをたべ、横尾でラーメンをたべました。
暑いので、みんな薄着で登ってきます。
横尾を通過してから少し行くと急に雪がでてきます。
途中で長野県警の山岳救助隊の5名組みパーティが歩いており、我々もしばらく直後を歩いてましたが、
途中でついていけず、おいてかれました。今日は涸沢ヒュッテ入りするそうです。

16:00 涸沢ヒュッテ着

ヒュッテでおいしいビールを飲むため、途中から水を飲んでません。
ヒュッテの鯉のぼりのポールが見えてからだんだん傾斜がきつくなり、なかなかつきませんが、「ビール ビール」と言いながらがんばります。
受付であまり混んでないので4名部屋の個室に入れてもらえました。
早速テラスで生ビールで乾杯!しようと席についたとこ、隣のテーブルのおじさん(60歳くらい?)がバーンという音を立てひっくりかえってます。
呼びかけの反応も無く、いびきをかいており、脳卒中では?! みんなで話してました。
ガイドの方が瞳孔の確認やら、つねったりして確認し「意識レベル3、痛み反応なし、ヘリを呼んでください」と言ってます。
えらいことになったと思ってたら、先ほどの長野県警の救助隊の方が来て、なにやらしてたらそのおじさんは起きだして、「大丈夫」って言ってます。
実はただの酔っ払いだったようでした。
これで、ようやく「乾杯!」です。明日登る北穂東稜のギザギザが見えワクワクします。
食事後、沢山担ぎ上げた焼酎、ウイスキーをたらふく飲んで 21:00消灯でお休みなさい。

——————————————–

4/29(日) 天候快晴 風もほとんど無し
北穂 東稜本番です。

5:30 起床
今日は北穂東稜だけですので、小屋でゆっくり朝食をとってから出発です。
天気は最高ですが、緊張ぎみです。

7:45 ヒュッテ発
北穂沢をゴルジュまでつめます。
奥穂に登ると思われるあずき沢に