2013年10月12日~14日 八ヶ岳全山縦走(北上チーム)

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`fc2` not found]
LINEで送る

メンバー CL:ぐっさん(記) 気象:もっちゃん ルート:たっちー  会計:まーちゃん 記録:こっしー

2年前に引き続きまたまた八ヶ岳全山縦走をやってきました。
2年前は単独で蓼科→編笠と南下しましたが、今回は編笠→蓼科と北上します。
別途南下チーム(しろさんCL)とのクロス山行としました。
天気予報は3日間とも晴れマーク わくわくしながら当日を迎えました。

—————————————————————————————————————–
<2013年10月11日>

20:00JR勝川駅集合。
さすが呑み助メンバー、みんな合わせてワイン4本 ウイスキー1本 焼酎1L のアルコール装備である。
22:00駒ヶ根SAで南下チームと車両交換後、観音平P24:00着 強風が吹き荒れてるが満天の星がでている。
車も5,6台しかとまってない。すぐテントをはり、軽く宴会ミーティングをし1:00には就寝

—————————————————————————————————————–
<2013年10月12日 (晴れ 強風)> 行動 6:00~15:00 距離13km

5:00起床 朝起きたら駐車場はほぼ一杯であった。朝食、撤収をしテントシュラフをしろさんの車にデポさせてもらいスタート。
全山縦走1座目の編笠岳へ順調に登頂。
めちゃめちゃ遠くに蓼科山が小さく見える。果たして無事いけるのだろか?
続いて身の危険を感じるほど強風の権現岳へ登頂。
キレット小屋までの縦走路はずっと西側から風が吹き付けており天気は晴れてるのだが冬山並みの寒さである。
昼食後赤岳への2時間のざれた核心の急登を慎重に行き赤岳へ。
赤岳登頂を果たし感動してまーちゃんが泣いており僕ももらい泣きしてしまった。
風が強く凍えるほど寒かったので阿弥陀往復はやめておき、写真だけとって本日の宿の天望荘へ。
大部屋へ案内されあまりの混雑にびっくり。びっしりとシュラフが重ねあい敷き詰めてあり寝る幅が一人30cmくらいしかない。
メンバー全員がのんべーなので夕食までの時間食堂で担ぎ上げたいろんなお酒を嗜む。
バイキングの夕食後も21:00の消灯まで延々と飲み、おしゃべりをしとても楽しかった。

—————————————————————————————————————–
<2013年10月13日 (晴れ 強風)> 行動 6:30~16:30 距離15km

4時半起床。満天の星。昨日ほどで無いが風は強い。気温は1度。
朝食後トイレに並ぶが宿泊客が多すぎ30分はまたされた。そのためスタートも30分遅くなってしまった。
寒いため、ダウンの上にカッパを着込んでスタート。
横岳前後の危険箇所を慎重に通過し、硫黄岳へ。
予定では硫黄前で南下チームと交差の予定であったがまだ会えず心配になったが、硫黄からの下りで元気な南下チームと会う事ができほっとした。お互いの健闘を心から祈り分かれる。
根石岳山荘で昼食。水を補給し天狗岳へ。予定より遅れているため西天狗への往復は割愛し先を急ぐ。
昨日南下チームが幕営した高見石小屋へついたのは14:30。
へとへとであるが本日の宿まではあと、中山、丸山を超えなければならず、亜互い「あと少っし!」と励ましあいながら進む。
16:30 麦草ヒュッテ到着 しんどかったー。
麦草ヒュッテは国道沿いにあり、山小屋であるが、電気水道、お風呂も完備されており民宿のような感じである。
到着後すぐお風呂に入り疲れをいやす。豪華夕食後、コタツがある個室でまったり。
普通の電気があるため消灯時間は特になく残ったお酒を全部飲み終えるまで飲み会である。
昨夜の狭い天望荘と違い、1人1つのふかふかの布団で朝までぐっすり寝れた。

—————————————————————————————————————–
<2013年10月14日 (晴れ)> 行動 6:30~15:30 距離15km

5時起床。いよいよ縦走最終日。朝食後6:30スタート。
ここまで順調なので最後まで何もなく進みたいと強く思う。
今日は茶臼山、縞枯山、北横岳、そして最後の蓼科山の予定である。
気温は3度。これまでと違って風は弱い。
順調に茶臼山、縞枯山をやり過ごし、かわいい縞枯山荘で休憩。
ロープウェイであがって来る普通の格好をした観光客と多くすれ違う。
その後、横岳へ登頂し最後のピーク蓼科山が目の前に見える。
横岳から蓼科山は急な下りを1時間、急登を2時間登る感じである。
蓼科山の上り口の天祥寺原でゆっくりと昼食、休憩をし最後の登りにかかる。
みな疲れがたまっており、一歩一歩ゆっくりと登り、14:00蓼科山山頂到着。
またまたまーちゃんが感動し、大声で泣いている。
長かった縦走最後のピークを踏み安堵感と、もうこれで終わりだという脱力感のような感じが押し寄せてくる。
とわ言え、まだ下山をしなくてはならないので、気を引き締め下山。
登山口の鳥居をくぐり終了。みんなお疲れ様でした!
GPSの距離計は丁度3日間で43kmと表示されておりフルマラソンと同じような距離であった。

—————————————————————————————————————–
参加のメンバーのみなさん、南下チームの皆さん、本当にありがとうございました。
長距離で体力的、精神的にもきつい縦走でしたが、天候も3日間ずっと晴れで1度も雨に降られずほぼ計画通りやり遂げる事ができ、すばらしい縦走ができました。またロングの縦走行きましょう!

 

COMMENTS

    もっちゃん

    あっという間の3日間だったね^^
    強風に泣かされてくたくたになったりしたけど、写真見ると楽しかったことばっかり思いだすわ~
    みんなありがとーーー
    また泣くくらいの縦走しようね!!

コメントを残す

CAPTCHA