2014年 2月16日(日)定例山行 猿投山・武田道ルート(愛知県豊田市・瀬戸市)

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`fc2` not found]
LINEで送る

CLのりちゃん、SL藪山。ビタミン、よこさん、わにお、ななち他2名参加。猿投神社奥から西に折れ、林の中の急坂を尾根まで1時間ほど登り、広沢城跡から城が峰に出て休憩。 尾根沿いの眺望がよい雪のない武田道を2時間半ほど登り、凍結した林道を横切って、頂上・東の宮に向かいました。あいにく標高600m付近で、2月9日の雪が凍結し、アイゼンを使用しないと危険になったので引き返しましたが、東の宮手前の展望台なる岩場からの景色がよかった。そこで昼食をとり、全豊田市から南アルプスまでを一望。再び武田道を降り、城が峰から今度は夕日に白く見える尾根伝いルートで降り、午後3時頃下山しました。結構、地元民でも「あれま、こんな道もあったんだねえ」という、燈台下暗しのルートなので、楽しめました。

 

コメントを残す

CAPTCHA