妙義山(1198.8m)

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`fc2` not found]
LINEで送る

妙義山(表妙義山)(1198.8m)
~表妙技縦走・冬合宿岩稜歩行練習兼ねての紅葉山行~
2015年11月8日
自主山行

メンバー
CL山師匠、SLよういち、隊長、えみちゃん、よこちゃん、のりさん、すぎちゃん、みやげ、かわちゃん、かずちゃん、さいとも、ケイ

7:00妙義中ノ岳神社登山口、11:15相馬岳、13:20大文字、14:00妙義神社

妙義中ノ岳神社に鎮座しているでっかーい布袋さんに見送られ、登山口の長い階段を登る。すぐに汗を掻く。「これより上級者コース」の看板を横目に東岳へ。バリエーションルートが続く。
山の稜線は先日行った戸隠より更にイビツで、眺めていて飽きない。日本百景に選ばれるのもうなづける。
1.5時間遅れのスタートだったが、皆クライミング経験者だ、クサリも駆使し遅滞なく進む。
東岳に到着。ここから核心の鷹戻しだ。垂直に切り立った岸壁を鎖を頼りに下る。 手ごたえは十分だ。腕力も使った。目前の相馬岳を目指すが高度はドンドン下がっていく。そんな降りなくてもと各自ブツブツ言いながら、登り返す。
相馬岳で一本。東岳を顧みる。なだらかな稜線など無い。あんな急峻をよく辿ってきた来たもんだと感心してしまった。
大天狗⇒穴覗き⇒ビビリ岩⇒大文字を経由し、無事妙義神社へ。予定より1.5時間早く、無事到着した。
レベルは高めだがバリエーション訓練に良いルートだと感じた。

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

 

コメントを残す

CAPTCHA