入道ヶ岳(905m)~鎌ヶ岳(1,161m)

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`fc2` not found]
LINEで送る

入道ヶ岳(905m)~鎌ヶ岳(1,161m) 鈴鹿/三重
2016年4月24日(日)
自主山行

【春合宿に向けた足ならし】

メンバー:はやっしー(CL)、のりさん、ひでちょ、さいとも、おさちゃん、よこさん、まいまい、まいこ(記録)

[タイムスケジュール]

6:20 堀田駅

8:00 宮妻P

9:50 入道ヶ岳

12:10 水沢峠

13:50 鎌ヶ岳

16:15 宮妻P

 

春合宿の最後の足慣らしとして、入道ヶ岳~鎌ヶ岳を歩いてきました。

宮妻Pの駐車場を降りると、優しい色合いの新緑が目に入ってきて、天気に恵まれて良かったな、と良い気分で入道ヶ岳に向けて出発しました。

はじめの渡渉はとてもスリリングで、歩荷訓練のため重いザックを担いでいたメンバーがバランスを崩し、川に落ちるアクシデントがありました。

それでも、暖かく風もあまりない気候に恵まれ、落ちたメンバーもめげることなくそのまま登って入道ヶ岳に到着。

山頂はとてもひろびろとした空間に鳥居が立っている、気持ちの良い場所でした。

ここで考え事をしたら良い考えが閃く気がしました。

 

入道ヶ岳で小休憩した後、鎌ヶ岳に向けて出発。

右側に見える鎌ヶ岳はとても近くに見えました。

しかし、いつまでたっても水沢峠に着きません。登り下りを何度も繰り返して2時間余り、

やっと水沢峠に到着。そしてここからは山の雰囲気が鎌ヶ岳独特の感じになってきました。

ガレ場や岩場を足元を注意しつつも、きのこ岩を観察したり、山つつじの色合いに癒されたり。

鎌ヶ岳の容姿を見ながらの稜線歩きの醍醐味を味わいました。

山頂途中にある岩頭の上に、はやっしー、のりさんは余裕の笑顔で立ってポーズを決めていてかっこよかったです。

最後の急登の岩場を登り、山頂に到着。

岩だらけの頂上で、先ほど登頂した入道ヶ岳との違いに山の面白さを感じました。

各自好きな岩の間に座り、風を避けながら昼食を取りました。山に住む動物みたいな気分で楽しかったです。

 

お昼休憩を楽しんだ後、岩場に注意しながらゆっくりと下りはじめました。

最後の渡渉は行きに落ちたメンバーを気遣いながら慎重に渡り、みんな無事に戻ってくることができました。

今回の縦走コースは思っていたよりとても本格的な訓練コースで、近くの低山と思えない達成感を味わいました。

遠い山になかなか行けないけど訓練が必要なときはとってもおすすめのコースです。

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

コメントを残す

CAPTCHA