西穂高岳~ジャンダルム~奥穂高岳縦走

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`fc2` not found]
LINEで送る

西穂高岳(2,908m)~ジャンダルム(3,163m)~奥穂高岳(3,163m)縦走(往復)
2016年09月11日~12日
自主山行

CL:のり(記)、SL:ジョ-ジ、まいこ

11日 7:00新穂高ロープウェエイしらかば平駅→7:15西穂高口→8:10西穂山荘→9:10独標→10:10西穂高岳→12:00天狗の頭→13:40ジャンダルム→15:10奥穂高→15:45穂高岳山荘
12日 7:20穂高岳山荘→7:50奥穂高→9:00ジャンダルム→10:30天狗の頭→12:00西穂高岳→13:00独標→14:00西穂高山荘→14:25西穂高口→15:00新穂高ロープウェエイしらかば平駅

雨にたたれ、3年越しの計画となったジャンルムの天気予報は今年も雨、ダメかと諦めかけていたが直前に回復方向へ。
しかし12日は雨の予報だったので、穂高岳山荘素泊まりに変更した。
西穂からのコースはロープウェイの始発が7時とスタートが遅いので、時間が気になったが、歩けるメンバーで計画より早いスペースで歩けた。
バリエーションとしてはロングコースで、バラエティに富んでいた。また高度感もあり緊張感を保ちながら充実した山行になった。
穂高岳山荘は快適だった。日頃幕営ばかりだったので、小屋はこんなに快適なのかとありがたさが身にしみた。
翌日、雨だろうと思って、白出沢もしくは涸沢へ下ろうと考えていたが、朝日がギンギンに部屋へ差し込んできた。
計画どおり、西穂高へピストンとした。ジャンダルムには奥穂高側の壁からも、ロープを出して登頂した。
あこがれのジャンダルム堪能した。
3000m級の稜線から見える景色はすばらしく、天気にも恵まれメンバーは終始笑顔だった。

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

コメントを残す

CAPTCHA