川浦渓谷 西ヶ洞

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`fc2` not found]
LINEで送る

川浦渓谷 西ヶ洞
自主山行
沢登り

2017年9月9日

メンバー
CLニンニン、SLひらちゃん、ヤンヤン、岩やん、ともさん(記)

コースタイム
6:00名古屋発→8:30上流駐車場着→9:00入渓→9:10西ヶ洞出合→12:00大釜→14:30出渓点(飯盒炊飯)→17:00出渓→17:15下流駐車場着

ヒル情報:普段はよく見かけるが、今回はいなかった
フリクション:普通
※連日の降水により、普段より水量が多かった

入渓部と出渓部が違う為先ずは入渓部駐車場へ向かいます。
新錦トンネルを抜けると直ぐ左側に車2台位停めれるスペースがありそちらに停めて沢装備に着替え。1台を出渓駐車場にデポしに行きました。
因みに出渓駐車場はトンネルの手前にあります。
ひらちゃんから荷物の防水チェックをして貰いパッキングのコツも教わりました、お陰で最後まで中の荷物は無事でした〜
ヒルが多いらしく、ヒル避けを沢山振り撒いて貰いいざ出陣です。
駐車スペースを奥に少し歩くと右側に禁漁区の看板がありその横の小道を下り入渓部へ。
今回、私は2mmのウェットスーツを着用して行ったのですがこの日は天気が良いものの気温はさほど上がらずウェットスーツは大正解でした。
水量が普段よりかなり多いみたいで流れも早く、お陰で水の透明度が高く大変美しい水面を見せてくれました。
お水に入るとヒヤリとしたものの全く寒くなく、楽しい沢登りの始まりです。
10分程進むと西ヶ洞出合。こちらで最後のイベントの飯盒炊飯で使う道具をデポします。
荷物をデポしたらニンニンさんの本領発揮です!
お水に入れるポイントは全て入ってスイスイ進んでました。しかも早い!
最初は私達もマネて泳いではみるものの全く進まず。
ニンニンさんからコツを聞きつつ泳いでいたら最後のほうはだいぶ上達出来たような??
とにかく、水がキレイだし水量もあるしお水に浸かって進むのは楽しくて楽しくてたまりません。
滝修行写真ポイントではお決まりポーズで写真を撮って貰い、へつりの練習もしながら目的地の大釜へと進みます。
大釜が見えてきた時は余りの美しいエメラルドグリーンの水面に息を飲むほど。本当に幻想的な景色で暫く見とれていました。
いよいよ本日の前半お楽しみタイムです!各自、飛び込みフォームなどを決めながら1人づつ華麗??に飛び込みます。
水中もキレイに見渡せて、水温がもう少し高ければずっと入っていたいほど。
でも、寒かったので私はサッサと上がりました〜。
美しい景色に後ろ髪引かれつつ、時間も少し押してたので下ります。
もう、下りの楽しい事楽しい事!流れに身を任せてプカプカしながら下って行きます。
たまに岩にぶつかりそうになりながら、歩けばよろめき、転びながら出合に到着。
デポした荷物を回収して出渓部へ向かいます。
本日ラストイベント、焚き火、飯盒炊飯の訓練。
練習の為、ヤンヤンさん、岩やんさん、私で各々火をおこします
なかなか火がつかなくて悪戦苦闘!ひらちゃんに手伝って貰い何とか着きました。
ヤンヤンさんの焚き火のクオリティの高さにビックリしました!
その焚き火で飯盒炊飯。今回は飯盒2つなので、私の焚き火はお払い箱です!
そして、服部さんからサプライズ焼肉が!!ゴハン炊くだけだよって聞いてたので皆んな大喜び!!楽しい焼肉タイムです。
岩やんさんのゴハンがもの凄く上手に炊けてドヤ顔を披露。本当に焼肉とゴハンは最強コンビですね〜。
楽しい沢登りの後に焼肉タイム。これで、沢登りに嵌らない人は居ないのでは?
焼肉、ゴハンをペロリと完食したら帰り支度です。
ゴミの片付け、火の始末、荷物のパッキングをして川辺から見えていた吊り橋を渡って帰ります。
最後の階段が本日1番の急登、お疲れポイントでした〜。
階段上がって少し歩いてトンネルの手前に無事到着!
お疲れ様でした。

 

コメントを残す

CAPTCHA