2010年11月3日 鈴鹿自然観察


鈴鹿自然観察   11月3日

鈴鹿の笹枯れ調査を受けて、自然観察山行に6名で行ってきました。ルートは朝明から羽鳥峰、中峠を経て下山。羽鳥峰は五年間の笹枯れ調査期間中はほとんど変化がなかったが、今年夏に少し減り、今回劇的に減っていた。全滅も時間の問題と言えそう。登山道ではディアーラインができていて、イヌツゲも食外に遭っているよう。峠付近では半径25m以内の植生の調査をしました。

中峠に向かう金山から西の支尾根もかなり食われていた。稜線ではリョウブなどの木も食害。中峠でも笹は全滅に近く、標識をつけているドウダンツツジも元気が減っているよう。近くのリョウブは一本が完全に枯れ、笹の減退による土壌の減少によるものと考えられる。

COMMENTS

    さんぺい

    笹枯れ調査ご苦労様でした。

    大台ケ原でも動物対策で自然を守っていました。一度行ってください。

コメントを残す