小川山 烏帽子岩 左岩稜


小川山 烏帽子岩 左岩稜 マルチピッチクライミング
自主山行
2019年6月8日

CL ヒデちょ、SL やんやん、他1名

< コースタイム/コース状況>
アプローチ07:50~ キャンプ場から林道終点を過ぎて左へ、西俣沢を渡渉して、岩ガラガラの沢を詰め右手に上がって取り付き
1P 08:40~ 暗い溝→クラック(カム外れず)ヒデさん
2P 10:15~ ダブルクラックヒデさん
3P 11:00~ 階段状クラックヒデさん
4P 11:35~ 稜線歩きダブルリード(チロやんやん)
5P 11:45~ ブッシュ木登りダブルリード(チロやんやん)
6P 11:50~ フェース登りダブルリード(チロやんやん)
7P 12:50~ デストラバースヒデさん
8P 13:05~ L字リッジ ダブルリード(チロやんやん)
9P 14:10~ 易しいリッジ→クラックはトラバースダブルリード(チロやんやん)
10P 14:40~ 稜線歩きダブルリード(チロやんやん)
11P 15:40~ 懸垂下降2回
滑り易い樹林帯下り、最初の分岐左へ、踏み跡多く、道が、平らに広くなって、西俣沢を右岸から渡渉してキャンプ場1640

< 記録>
烏帽子岩左稜線は20Pと長いが、予定より1時間遅い出発となった。天気予報が悪い為、先行二人組みがいたが、混みそうな雰囲気は無く、焦らず行けそうだ。

1Pはヒデさんリード、枯れた木混じり暗い溝を上り切ってクラック、ここでセカンドチロ、サードやんやんもカム抜けず、ヒデさん懸垂で抜いて登り返し。カムが歩いてて、指入らず、やんやんが治具でも外れなかったが、ヒデさんはアッサリ抜けた。外し方のコツがあるんだろうなぁ。

2Pダブルクラックもヒデさんリード、特に難しくない。

3Pクラック、リードヒデさん階段状で難なく。

4Pは稜線歩き、ここから練習の為、チロとやんやんのダブルリード。高度が上がってるのを感じる。西の空が暗くなって風が強まり肌寒くなってきた。

5Pはブッシュ帯、木登り半分、突き当たりの岩の右手に石楠花の咲く巻道もあるが、岩場を愚直に登る(6P)。1本立木の右手に上がるとスラブ状の稜線に出る。残置ピトンも有り、快適なピッチ。

この後のトラバース(7P)がいやらしい。ヒデさんリードで、へつるには被ってて、屈むにはザックが当たった無理、ヒデさんはヘツリに手をかけ足を絶壁に投げ出す形、渡り切る瞬間左手かかりが際どかったのか、一瞬声が出てヒヤッとした。セカンドのチロも同様に、しかし足ブランで怖く左足かかりも探りながら。やんやんはヘツリ部アンダーを取りながらトラバース。

8Pは平な幅のあるリッジ(ゴジラの背)、高度感満点。今時は映えるロケーションにテンションが上がる。稜線は右手に直角に曲り振り返ると上がってきたルートとL字形の稜線が俯瞰でき見応え十分。

9Pは易しいリッジ、チロとやんやんのダブルリード、最後はクラックだが、適するカム不足の中、ヒデさんトライするも安全考慮して断念。左手木立に引っかかりながら上がり込む、やんやんはリッジ上を上がり込んだ。

ここを過ぎると稜線歩き(10P)で烏帽子岩本峰。岩と木に囲まれ風も避けれる快適な休憩地。ここで昼休憩。登攀ルートを見渡しその向こうに小川山の新緑と特異な岩峰群が美しい。

ここから二回懸垂(11P)して、12Pとの鞍部に出るが買出しなどの待ち合わせ時間切れの為、この先はお預けとなった。予報では雨も心配されたが、時折小雨が降る程度、風が強まり寒さを感じることもあったが、途中敗退とはいえ、マルチピッチの楽しさを十分満喫できた。それと共に9Pのクラック含め、次回は是非完登したいと思った。

コメントを残す

CAPTCHA