大菩薩嶺(小菅村から)


大菩薩嶺(小菅村から)
自主山行
2015年10月24日~25日
メンバー:CLモリモリ、SLてっちゃん、おさちゃん、しげさん、Yさん(元会員)

10月24日(土)
9:27道の駅小菅(小菅の湯)
10:07橋立下行村営バス
10:17橋立下
11:39登山口
14:27フルコンバ
15:10荷渡し場
15:35大菩薩峠(介山荘)
16:15福ちゃん荘

10月25日(日)
4:55福ちゃん荘
6:00雷岩(40分朝食)
6:53大菩薩嶺山頂
7:00雷岩
7:24賽の河原
7:38大菩薩峠(介山荘)
9:42榧の尾山
11:37棚倉小屋跡
12:21モロクボ平
13:10道の駅こすげ(小菅の湯)

早朝名古屋を出発し、9時過ぎに道の駅こすげに到着。
明るく活気の有る雰囲気に皆、小菅村のファンになってしまった。
おしゃれなレストランの地産地消のピザにくぎ付け。登る前から明日下山後に食べる気満々。これでは痩せられる訳がない。
村営バスに乗り、終点まで移動。乗客は我々だけだった。
すぐに終点に着き、登山口まで歩き始めた。間もなく舗装道路も無くなり歩きやすくなる。一時間以上歩きやっと到着。豊かな緑とくるぶしまで隠れる分厚い落ち葉の小路を登って行く。
アルプスの山々とは明らかに違い、武蔵野の雑木林に迷いこんだ気がした。
途中殆ど人に会うことがない。下山客に「初めて人とすれちがった」と言われた。じわじわと登り、脈拍数は上がらないのに汗が吹き出し有酸素運動していると実感した。
「ノーメダワ」「フルコンバ」と聞きなれない地名があったが、皆で意味を想像したが正解はわからず仕舞いだった。
荷渡し場を過ぎ間もなく大菩薩峠に着く。確か小説のタイトルだった気がするが読んだ事は無い。
峠の介山荘にはさすがに登山客はいた。殆どの登山客は大菩薩峠登山口からのアプローチだろう。
休憩後、福ちゃん荘に向かう。どうにか日没前に到着出来た。

福ちゃん荘は山小屋と言うより旅館に近い感じがする。6畳の部屋に男性二人とかなり余裕をもって宿泊出来た。さらにお風呂付。ユニットバスだが下から温かいお湯が出てくる五右衛門風呂の様だ。男風呂は先客が水を入れすぎたのかかなりぬるかったが、女風呂はかなり熱かったそうだ。
入浴後は一番の楽しみのお食事タイム。馬刺しも追加注文し美味しく頂いた。

翌朝5時出発。星が良く見える。気温は0℃。寒さが身に応える。雷岩で朝食。お弁当は強めに握ったお握り3個。ボリューミーで胸が焼けた。40分程休憩し頂上へ。
山頂は樹木に覆われ展望は無い。昨日とは違い登山客も多く、トレラン客も1/3程いた。
写真を一枚撮りすぐ下山開始。大菩薩峠に向かった。
賽の河原はその名の通り石だらけの場所で大菩薩の山名もこの場所から振り返ると納得出来た。
下山は榧ノ尾山経由の牛の寝通りルートだ。「この時期の紅葉は素晴らしい」との情報に希望も膨らむ。途中から東京都水道局の看板がチラホラ。何と水道局所有の山林なのだ。周辺は多摩川源流で、森は緑のダムと聞いたことがあったが、まさか治水の為に水道局が森林管理しているとは驚きだった。森林面積は東京都の10%もの広さだそうだ。紅葉はピークで最高に贅沢だ。この時期にこのルートを計画してくれたモリモリに大感謝。

空は雲一つ無く、風はかなり強い。メンバーはこの天気に違和感が有る様だが、関東出身者にとって典型的な冬の気候だ。秩父多摩甲斐国立公園である事を再認識した。
13時過ぎに道の駅こすぎに到着。昨日から楽しみにしていたピザをみんなでシェアした。
地元食材がたっぷりで美味しかった。又、小菅村は元気で明るくカッコいい良く皆この村のファンになってしまった。今年の夏放映された日曜劇場「ナポレオンの村」のロケ地でもあるそうだ。
雑誌から飛び出してきた様な山ガールもたくさんいて典型的な都会の山行といった感じで新鮮だった。

 

コメントを残す

CAPTCHA