2009年12月20日(日)自主山行  矢頭山(730m)(三重県一志町)

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`fc2` not found]
LINEで送る

コース : 中宮公園キャンプ場P 9:10 → 登山口 9:25 → 不動休憩小屋 9:40 → 椿小屋 9:50 → 第1展望台 10:20→
大日拝展望台 10:40 → 矢頭山 山頂 11:05 → 出発 12:15→矢頭峠 12:50 → P 13:10

参加者: TOM(CL),ドタ靴,ヴァルト,ヴァイオレッタ,ビタミン,イブキ(中やん)  計 7人

残念ながら,定例山行に予定されていた瓢ヶ岳が,大雪のため中止になったための予備山行。

新人のイブキさんと,会員外の中やんを含めた7人で,お気楽ハイキングを計画した。

東名阪道から伊勢道久居I.C.で降り,ヴァイオレッタさんを拾い,登山口の中宮公園キャンプ場を目指す。

そこには,県指定天然記念物の「矢頭の大杉」がある。登山口のすぐ横には,不動滝もあるが,水量が少なく見応えがないので無視して進む。その後は,すぐに不動休憩小屋,椿小屋としっかりした東屋を通過した。椿小屋は,林道の終点にもなっており,ここからが本格的な急登になる。
第1展望台を通過したころから,雲行きが怪しくなり,一時は雪が降り出した。この後,さらなる急登になり,大日拝展望台を通過。雲が多くなり,展望はいまいち。ここから急降下し,最後の急登を上り返すと,矢頭山山頂に到着。このときは,さっきの雪が嘘のような好天になる。伊勢湾や高見山方面の山並みの展望を望んだあと,お楽しみヴァイオレッタさんの特製味噌うどんをいただいた。いつもながら,山頂で温かいものを食べられるのは,嬉しい。
1時間強,山頂でランチを楽しんでいると,また雲行きが怪しくなってきた。矢頭峠へ急降下の道を急ぐ。途中で,また雪が降り出した。しかし,意外に早く,矢頭峠のある車道に飛び出した。そこからは,15分強で「矢頭の大杉」の前の駐車地に到着。

早く,山行が終了したので,帰路では温泉を楽しんだ。「一志温泉やすらぎの湯」。550円で,タオルとバスタオルも貸してくれる。湯質も良い。

楽しい山行だった。TOM個人としては,10年ぶりに会った,学生時代の旧友中やんと共に山行ができたことが,とても嬉しかった。
(記:TOM)

コメントを残す

CAPTCHA