大雪山縦走他

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`fc2` not found]
LINEで送る

2017年月21日~22日
大雪山系 大雪山縦走他
自主山行
7/21はパーティーを分け、武華山と、大雪山縦走。
7/22は全員で平山に登った。
※720日は、旭山動物園や上野ファームを見学。23日は、富良野観光。

 

 

7月21日 武華山(北大雪山系)(1759m) メンバー:あられ、こまちゃん

朝、旭岳温泉で大雪山縦走組を見送り、北大雪へと向かう。
車で3時間の予定だったが、予定より早く2時間で着いた。ところが、
林道が昨年の台風で所々崩壊しており、1キロ強手前に通行止めのテープが張られていた。
登山口まで約1時間迂回したりして歩くことになり、結局コースタイム通りとなった。
登山道はしっかりしていて、稜線に出てからは、終始大雪山系の山並みを見ながらの楽しい山行となる。
美しい残雪模様を見ながら、みんなはどの辺りかななどと想像していた。
下山後は、急いで層雲峡までみんなを迎えに行った。

 

7月21日 大雪山縦走(旭岳温泉~層雲峡) メンバー:メリーさん、おさちゃん、よこたん、まーちゃん、とく

朝、あられさんに旭岳ロープウェイまで送ってもらう。大雪山縦走の始まりだ。池をめぐり、水蒸気が噴き出しているところを眺める。
旭岳(2290.9m)は活火山だ。火山礫の尾根を黙々と登るとあっけなく頂上に着いた。風がものすごく強い。雪渓を下ると、お花たちが出迎えてくれた。
お鉢平を右下に眺めながら歩く。駒草が咲いていた。強い風にうまく身をかわし可憐に咲いている。北鎮岳へ登ろうと思ったが、強風で一歩も
進めない。息苦しさを感じる。風が冷たくないのが唯一の救いだ。雲ノ平はお花畑が延々と広がり、吹きさらされた体と心を癒してくれた。黒岳石室
で休憩し、風は相変わらず強いが桂月岳に登った。黒岳(1984.4m)は今までにも増して風が強く、煽られながらなんとか写真を撮り、早々と下り始める。
一歩下るだけで嘘のように風はやみ、層雲峡の景色を眺めながらリフト乗り場に向かった。黒岳ロープウェイで下り、あられさんにピックアップしてもらった。
強風とお花の大雪山縦走だった。

 

7月22日 平山(北大雪山系)(1771m) メンバー:あられ、こまちゃん、メリーさん、おさちゃん、よこたん、まーちゃん、とく

武利岳への林道が、昨年の台風のため崩壊しているとの情報で、23日予定の平山を22日に変更。
この山は、表大雪の展望台と、タカネシオガマの大群落があるということで決めた。
果たして、コマクサ、エゾコザクラなど花の多い山だった。
途中、雪渓を横切る場面もあったが、ステップをしっかり切り、雪渓を渡る涼しい風に吹かれながらゆっくり渡った。
お目当てのタカネシオガマは、ちょうど見ごろの美しい群落が山頂の手前にあった。
表大雪には時々雲がかかるものの、美しい残雪をまとった山並みを見ることができた。
山頂には一等三角点があり、期待を裏切らないいい山だった。

コメントを残す

CAPTCHA