2014年7月20日~21日 中央アルプス主脈(越百山~千畳敷) 全山縦走


メンバー:CLぐっさん SLこっしー 平ちゃん もっちゃん

中止となった剣岳、源次郎尾根の代替として以前からやってみたいと思ってた越百~千畳敷へ行ってきた。参加人数が多ければ伊那川ダムP、菅の台P間でクロス山行としたいとこであるが今回は4名での縦走。中小川登山口をスタート地点とし北上の計画。中小川登山道は事前の情報では廃道となっておりかなり荒れてるものの数例の記録がネットにあり藪こぎ、渡渉ありと楽しそうなコースである。

7/20(日) 早朝4時に名古屋を出発し中小川登山口へ。6:00ゲート前のPに到着。1時間ほど林道を行き登山口到着。登山口は朝露に濡れた笹薮に覆われており雨具類をつけて突入。道は荒れており、進行にやたら時間がかかるがテープや看板がいたるとこにあり安心である。しばらく進むと乙女の滝に出て渡渉をしなければならない。何とか渡れそうであるがもう少し水量が多ければ非常に危険な箇所であり足を滑らせば30m下の滝つぼへ滑落である。ロープで確保しながらもっちゃんから順に渡る。所所ある木の梯子はほとんど朽ちており、いつ外れてもおかしくない。途中垂直に50mほど登るカモシカ返しだけは新しく金属の梯子がついていた。体力をかなり消耗しつつ14:00に越百山頂着。ここから先は暫く軽快な稜線歩き。普通の登山道がとてもありがたく感じられた。仙涯嶺を過ぎたあたりで雨が強くなり雨具を装着。南駒までの長いのぼりを歯を食いしばりながら登り18:30避難小屋着。雨も強かったためかなり濡れてしまった。20名ほどの先客はほぼ全員寝ていたので、静かに宴会をし20:00には就寝。

7/21(月) 3:45起床 今日も長い一日の始まりである。朝食後霧雨の中出発。稜線までがんばると雨はやみ雨具を取る。順調に空木にを制覇し木曽殿山荘へ。CCレモンがおいしかった。そこから、東川、熊沢と進むが時間がたつにつれ疲れが出てきて進行が遅くなる。熊沢岳あたりで昨夜檜尾小屋に宿泊した方に話しを聞いたが15名ほどの韓国人グループが宿泊しており、体調不良にのメンバーがいたとの事。昨年の事故が思い出される。最後の檜尾への登りはかなり応えた。檜尾岳に14:00までに付かない場合、ロープウェイの最終の関係で檜尾尾根を降りようと考えていたが十分間に合い。極楽平からの雪渓をおり大混雑の千畳敷へゴールを果たした。しらび平駅から中小川登山口まで1万円少しでタクシーで移動、清流苑にて汗を流し帰名。

合宿Aチーム5名のうち今回の山行に4名参加し、とてもきつかったがやり遂げた感一杯で合宿前のいいトレーニングになった。

(下山後我々が入る1週間ほど前に乙女の滝にて滑落死亡事故があったことを知る。)

コメントを残す