2014年9月20日 富士山 御中道


CL/記録:ニンニン メンバ:ゴロ 天気:曇り
コースタイム
富士宮口5:25~主杖流し取付点7:07-7:37~大沢崩れ8:29~大沢休泊所10:41~吉田口12:45~須走本六合目(瀬戸館)14:41~宝永山16:33~富士宮口17:30

富士山のバリエーションルートとして有名な主杖流しに行こうと計画。
主杖流し取付点に着くも、八合目上の天気が晴れないため、安全と剣ヶ峰を見つつ登りたいという欲求のため中止とした。
どうするか検討したところ、5合目/6合目付近の天候はよかったため、御中道に転進することにし、留守宅へ連絡。その後も各登山道に着くごとに留守宅へは連絡を入れた。
御中道(おちゅうどう)は富士山の5合目/6合目付近を一周する距離24km/累積標高差2200mのコース。ゴロさんと来年行くことを検討していたため、そこそこの下調べはしていたので転進先としては調度よかった。

風もなく太陽も出ていなかったが、周りの景色は見渡せる絶好の天気。
もともと1泊2日もしくは夜間込みかなと思っていたルートだったが、累積標高差の割りにUP/DOWNがそこまで激しくないため歩きやすく、想定より早く周ることができた。大沢崩れ左岸以外踏み跡があり特に問題なく進むことができた。

一周するコースのため、いろいろな富士山の表情と下界の様子が見れ、いいコースだった。

・富士宮口~大沢崩れ
富士宮6合目を越えて少し登りブル道へ入る。登り方面へ歩き、ブル道が折り返すところから御中道へ。 ここは踏み跡が明瞭で分かりやすい。
途中「ハコアラサワ2」「主状」「オニガ沢」と黄文字で書かれた溶岩沢を通過する。 ※主杖流しは「主状」を登る。
鬼ヶ沢を超えたあたりから樹林帯に入り、40分ほど歩くと「崩落のため立ち入り禁止」の看板が見える。以前はここから大沢崩れを渡ることができたらしい。

・大沢崩れ~大沢休泊所
御中道の核心。現在は登山道として整備されていない場所。
看板から標高150m程下ったところに工事現場の梯子があり、ここから大沢崩れを渡る。
この梯子までが踏み跡が不明瞭で、不動沢、大沢崩れを沢から離れすぎないよう通れる箇所を探し下っていった。

工事現場からの登りは、右岸モノレールに沿って少し登った箇所にしっかりとした梯子がある。
左岸から見ると樹林のなかに白い斜めのものが見える。

・大沢休泊所~吉田口
特に問題のないハイキングコース。
数PTすれ違った。御庭から散歩で来てるようなPTもあった(御庭~大沢休泊所間は往復2時間半くらい)。
吉田口は観光登山閉山後だがまだまだ人が多かった。
また、指導員に声をかけられ確認された。無謀登山を防ぐために登山の格好している人には確認しているようだった。

・吉田口~須走本六合目(瀬戸館)
吉田口の下山道七合目公衆トイレ下のジグザグ道終了箇所が、須走への御中道。
ここの下山道を逆走するのはかなりきつかった。
須走へは歩きやすく踏み跡も明瞭だった。

・須走本六合目(瀬戸館)~宝永山
ここも登山道として整備されていない場所。
須走下山道から須走ブル道までの踏み跡が分からず、そのままトラバースをした。
ブル道からも踏み跡が分からなかったが、しばらくすると○印のついた岩があった。
途中もう少し標高をあげる必要があったため、歩きやすい溶岩の上を上がったところ、
明確な踏み跡を発見した。印も3mくらいに一個あり、歩きやすい道だった。
須走下山道かブル道でもう少し上にあがっていれば、この分かりやすい踏み跡を見つけられたかもしれない。
先ほど通っていた下のほうにも何度か印が見えていたので、間違えやすい場所(大変だけど通ることは問題なさそう)。

・宝永山~富士宮口
宝永山からの下りは走り降り、新六合目へ。
やっとGPSのログが一周りつながった。
ゴロさんが御中道の山バッチを聞いていたが、以前は存在したが今は売ってないとのこと。
17時半 富士宮口到着でなんとか明るい内にたどりつくことができた。

コメントを残す