-栂海新道-朝日岳(2,418m)・犬ヶ岳(1,592m)・白鳥山(1,286m)


-栂海新道-
朝日岳(2,418m)・犬ヶ岳(1,592m)・白鳥山(1,286m)
富山県、新潟県
自主山行

日時 2017年10月7日(土)~10月9日(月)
メンバー CLこん、SLおさちゃん、いよちゃん、ゴンちゃん(記)

コースタイム:
【1日目】
6:17糸魚川駅からバス→7:50蓮華温泉→14:50朝日岳→15:30朝日小屋

【2日目】
5:50朝日小屋→9:20あやめ平→11:40黒岩山→13:10サワガニ山→14:20栂海山荘

【3日目】
5:00栂海山荘→8:30白鳥山→10:50坂田峠→11:50尻高山→13:40栂海新道登山口→13:50日本海→タクシーで糸魚川駅へ

初日は朝だけ降られる予定が1日中降ったり止んだりで午後からは雨も強くなり朝日岳辺りからは風も出てきて少し寒かった。
展望もなかったので山頂も素通りして朝日小屋への道を急ぎました。
小屋に着く前から、予約時の電話でのやり取りで「スタートが遅い!登山口は北又にするように」とか言われていたのでみんなでドキドキしながら到着すると、とても気持ち良く迎えてもらえほっとしました。
小屋はツアー客が40人近く入っていて混雑はしていましたが4人で1部屋使わせてもらえ、夕食も評判どおりの手の込んだとても美味しい食事でした。
営業最終日を翌日にひかえ全員にビールを1本サービスの大盤振舞!
朝日小屋は小屋主さんの厳しくもとても優しく気さくな人柄と心のこもった料理でファンが多くリピート率が高いのも当然だと思いました。

翌朝、ツアー客全員が栂海山荘に向かう。
その前に出発しなくてはと焦って小屋前で4人で写真が撮れなかったのは残念無念。
2日目前日とは一転、快晴で朝日岳からは360度の展望、雲海に浮かぶ山々、遠くには目指す日本海!
栂海新道に入るとコースはヌメヌメドロドロでとにかく滑る!
スリップしたり転倒しながらも紅葉の中を気持ち良く歩くことができ少し余裕があるので今日はコーヒータイムも。
ほぼ予定通りに栂海山荘に到着。
すでに多くの人が到着していたが部屋の隅に4人分のスペースを確保。
予約をしてあって予約者優先とはなっていてもしいっぱいなら場所が確保されてないので後着して予約してあるからあけてくれとは言いにくいだろうなぁ。
ここのトイレは農取小屋に負けず劣らずとてもワイルド!ぜひ一度は経験して欲しい~♪
かなり早めの夕食はお湯を沸かしスパゲティーとじゃがりこサラダに差し入れの旨いお肉。
昨日とは違う美味しさに舌鼓を打ち、すごくお高いツア-に参加してるお金持ちの方達の羨ましい山行のお話しやトレランから冬山までこなし親不知から深夜に栂海新道をソロで走り抜けるすごいお姉さまの話しに喰いつき楽しく盛り上がっていましたが、なんと18時に「寝れないから静かにして」とのお叱りをうけトーンダウン、しかし女性陣はだんだん↑↑その度に「しっー!」
就寝前に外に出ると満点の星空に天の川も綺麗に見え、山の合間には海沿いの街の明かりが美しい。
この旅も明日までなんだなぁとちょっとさみしく。。。
僕らも19時に就寝。
するがやはりみんななかなか眠れなかったようでした。

朝は少しでも早く出発しようと3時半にTさんの目覚ましが鳴るとなんと他のみなさん一斉に起き出し準備開始!
朝食は餅入り減塩うどんを、「減塩はダメでしょ!」とか文句を言いながらも楽しく美味しくお腹を満たし、結局出発は5時になってしまった。
真っ暗な中をヘッデンを点し山道を下っていく。
やがて東の空が赤く染まり夜が明けていきました。
今日も快晴もうひと頑張りで日本海だ!
昨日と同じくドロドロヌメヌメの道を下ったり登り返したりしながらも確実に標高を下げていく。
けっこうな急登を登るとちっちゃな白鳥小屋に到着。狭いけど中はとても清潔な感じで◎。
でもやっぱりトイレはワイルド!
小屋の屋根の上が展望台になっていて4人で登ると彼方に剣岳、すぐそこに日本海が。
はやる気持ちでくたびれた脚に鞭を打ち歩き続けついに栂海新道登山口に到着!
ザックを降ろし長い階段を下り念願の日本海へタッチ!
最後に長いようで短く楽しかった山行の記念に4人で手をつなぎ日本海をバックに写真を撮ってもらいました。

コメントを残す